Promotion

東横渋谷駅 跡地 / UT POP-UP! TYO

2013/04/04

130404_TY_Shibuya_st_UT-01.jpg

2013年3月16日に、副都心線との直通運転開始により利用されなくなった東急東横線の渋谷駅。現在はその跡地を、期間限定でイベントスペースとして解放されています。そのスペースを利用して UT が、期間限定ショップを開設していました。

130404_TY_Shibuya_st_UT-02.jpg

会場内は駅として利用されていた面影が多く残っており、ほぼ手つかず。出発時間を伝える電子掲示板も駅の機能として利用されていた当時のまま。

130404_TY_Shibuya_st_UT-03.jpg

駅構内に掲示していた広告の掲載スペースも、会場内の装飾用として活用。改めてゆったりこの空間に入ると、天井の高さに気づかされました。

130404_TY_Shibuya_st_UT-04.jpg

線路スペースには、商品展示のスペースを。一部は閉じられ通路にし人の流れを円滑に。改めて使い慣れていたホームを歩いてみると、急ぎがちに歩いていた時よりも、なぜか広く感じます。

130404_TY_Shibuya_st_UT-05.jpg

駅構内すべてがイベントスペースではなく、途中部分までの利用でした。キャッシャーの裏側には、試着室が用意されていました。
最近まで頻繁に利用していた東横線渋谷駅ですが、イベントスペースとして改めてその空間に入ってみると、今までの駅としての記憶が思い出されながら目の前では、まったくの異空間で、なんとも不思議で非現実感の溢れる空間でした。

Life in a Day

2011/06/06

Life in a Day」がそろそろ公開になるような、ティザー広告を発表しました。
Life in a Dayは、2010年7月24日に世界中で起こっている出来事を、YouTube上で映像を募集し、投稿された映像を元に映画を制作する試み。まもなく1年たちおそらく編集が進み、公開になりそうな予感を感じさせるティザー広告(事前予告広告)が発表となってます。
ぼくも応募しましたが、自分でも「これはいいんじゃない?」の映像を投稿出来ませんでしたが、この試み事態に非常に興味をもっているため「もしかしたら、ぼくの映像も本編で採用されているかも!」っといった淡い期待を胸に、劇場で鑑賞したみたいと思っています。
いずれにしても、同じ日の出来事を世界中の視点で見れるこの試みは興味深く、実現したのも全世界的なンターネットの普及と、YouTubeの認知度がなければなしえなかったと思うので、存分にある日の世界中での出来事を大スクリーンで満喫してきたいと思います!

English(Google Translation)

ハピネスマシン / 日本コカ・コーラ

2011/02/18

以前紹介したコカ・コーラの「Happiness Machine」の日本版が公開されているようです。
「日本でもこういったプロモーション施策が展開されると、…」なんてことを書いていましたが、ほんとに公開されてた!驚く表情と喜んでる空気感がなかなかリアルで、楽しい雰囲気が伝わってきます。ただ日本っていう母国での展開を見てみると、なんだか「広告」な感じをちょっと感じてしまって、ちょっと寂しい感じも。
公園編もあったりします。

Happiness Machine / Coca-Cola

2010/01/15

コカ・コーラさんの「Happiness Factory」のコンセプトを元に制作された動画。
ノンフィクションにより制作され、実体験者のリアクションをひしひしと感じることができます。日本でもこういったプロモーション施策が展開されると、もっと広告や日常生活も楽しくなるのでは?なんて思います。
ちょっと遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

goo バイラル広告

2009/07/23

2003年ごろに「goo」が行った渋谷ジャック・ゲリラ広告。ネットを徘徊中に偶然発見。
当時渋谷で実際にゲリラ広告によるトレーナーを着た人たちを何人も目にしましたが、とても印象に残ったのを鮮明に覚えています。トレーナーに書かれていたキーワードもユーモラスたっぷりで、偶然出くわした人たちも興味津々で広告塔になった人たちを眺めていました。

22