Trip

館山旅行

2014/05/13

140513_gw_Tateyama-01.jpg

GWに館山へ、友人たちと1泊の旅行に行ってきました。

140513_gw_Tateyama-02.jpg

滞在中は天候に恵まれ、気持ちのよい時間を過ごせました。

140513_gw_Tateyama-03.jpg
140513_gw_Tateyama-04.jpg

訪れた野島崎灯台付近の岩場では、天候や潮風の気持ちよさも手伝って、みな30代なのですがワイワイ・ガヤガヤ。

140513_gw_Tateyama-05.jpg

宿泊したONE DROPさんは、すごく素敵なところでした。

140513_gw_Tateyama-06.jpg

全体的にリノベーションされており、古さと新しさがいい感じに共有していました。

140513_gw_Tateyama-07.jpg

夕食には、機材を借りてみなでBBQも。のんびりしながらも、みなで楽しい時間を過ごせました。
事前にGWにどこ行こうか、いろいろ計画を個人的に計画を立てていましたが、都心より2時間ちょっとで来れる館山付近は、今まで選択肢としてまったくなかったので、ちょっとよいスポットを知れたかも、です。

台湾行ってきました!

2014/03/22

140322_Taiwan-01.jpg

台湾に行ってきました。

140322_Taiwan-02.jpg

2月中旬に台北に4日ほど滞在し、各所を観光。沖縄よりも南なので暖かいかな?っと思いましたが、薄手のコートがないと肌寒く感じる気候でした。
「中国のような国なのかな?」っとも思ってましたが、全然違いました。みな親切でルールを守り、日本にすごく似た雰囲気。親日であることは震災の際やその他いろんなところで知ってはいましたが、現地に行って初めてなんとなくその理由が分かったかも、でした。ほんと、いいところだった。

140322_Taiwan-03.jpg

士林夜市(シーリンよいち)は活気に溢れてました。美味しそうな屋台と匂いがいっぱい!

140322_Taiwan-04.jpg

テレビや雑誌などから受けた台湾の風景の中に、飛び込んだような感じ。食べ歩きをしながら、市場内を散策。

140322_Taiwan-05.jpg

台北のランドマークでもある「台北101」。滞在期間中はほぼ小雨だったので、展望台には登らず…。それにしてもすごい大きさ(高さ)でした。
なんだか今、ある法案に抗議するために学生さんたちが国会に立てこもり抗議を行っているようですが、これからも穏やかで優しい台湾が残ってくれるといいな、っと思っています。こんなに海外の観光地に親しみを持ったのは、はじめてっす!

爺ヶ岳 3日目

2013/10/13

131001_jiigadake-16.jpg

日の出前に起床。雲海と朝焼けが綺麗だった。

131001_jiigadake-17.jpg
131001_jiigadake-18.jpg

山荘に滞在中はほぼ雨。下山時は快晴で、峰々がくっきり見え、他のところにも行きたい気持ちを抑えつつ、時間の都合で下山。

131001_jiigadake-19.jpg

下山といえども、天気のいい中での山歩きは、ほんと気持ちよかった。

131001_jiigadake-20.jpg

岩場の道も、登りは雨とその角度にひーひー言いながら登っていましたが、快晴の下山時は苦にもならず…。

131001_jiigadake-21.jpg

登りの際には、ガスっていて見えていなかった、滞在していた山荘もくっきり見えました。

131001_jiigadake-22.jpg

青空の元の山肌も、すごく綺麗だった。空の青さと山の美しさを改めて感じられました。

131001_jiigadake-23.jpg

天候に恵まれなかった今回の登山でしたが、最終日だけでも晴れて、山の魅力を感じられました。
山荘にも初めての宿泊でしたが、かなり快適でした。標高の高い山の上なので、水の利用や他様々な制限はありましたが、ほぼ普段通りの生活のできる快適な空間でした。また泊まりがけの登山、挑戦してみたいと思います。

爺ヶ岳 2日目

2013/10/05

131001_jiigadake-06.jpg

爺ヶ岳登山、2日目。2日目もガスが立ちこめ、あいにくの雨でした。
種池山荘に宿泊し、働いている友人に会うのが今回の目的でしたが、一日中、山荘に籠りっきりのおしゃべりも、せっかく登ってきたのにちょっともったいと、1時間弱ほどの、1番近くの尾根の南峰へ行くことに。

131001_jiigadake-07.jpg

雨は強くないものの風は強く、ガスも濃く立ちこめていましたが、装備がないのと、山荘にすぐ戻れる安心感で足取りは軽く。

131001_jiigadake-08.jpg

登る前に山荘のスタッフの方に「ライチョウ(天然記念物)が見えるかもしれませんよー」っといただき、歩きながら頻繁に周りを見渡すと、何度も見つけることができました。気がつくと足下にライチョウがいたこともあったり。

131001_jiigadake-09.jpg

岩肌の道を登り続けると、ガスの中から頂が。

131001_jiigadake-11.jpg

南峰は尾根のいただきにあるため、風が下から吹き上げる状況。雨具は相変わらずポンチョだったため、めくれないように抑えながらも、無事到達した達成感に浸れました。

131001_jiigadake-12.jpg
131001_jiigadake-13.jpg

午後には天候が一気に回復し、見晴らしもよく、ガスで見えなかった南峰もくっきり見える晴れやかさ。新たに登山されている多くの方が、山荘に立ち寄っていました。

131001_jiigadake-14.jpg

晴れた空気の澄んでいる見晴らしは、やはりすばらしく綺麗で、日本海側の細かな峰々を見ることも。

131001_jiigadake-15.jpg

山荘では、空気も薄く電気や水も限られた環境ですが、それを忘れられるこの景色には、山を登るから感じられるすばらしさを、改めて実感できました。

爺ヶ岳 登山

2013/10/02

131001_jiigadake-01.jpg

爺が岳に登山に行ってきました。
爺が岳は長野県と富山県の県境にある、初心者にも優しい登山道。新宿からバスと電車を乗り継ぎ、黒部ダムで有名な扇沢まで行き、そこから登山道へ。

131001_jiigadake-02.jpg

とはいえ、この登山道の入り口で既に標高 1,300m ほど。本格的な登山の開始。

131001_jiigadake-03.jpg

山頂で宿泊するため、ある程度の装備を担ぎ登ります。高校生の頃に北岳を登ったことがありましたが、それ以来だったので不安もありましたが、大きなトラブルもなく、順調に進めました。

131001_jiigadake-04.jpg

事前の天気予報が雨だったので、降られるとは思っていましたが、案の定雨に振られ、久しぶりの登山はなかなか厳しい状況に。ガスも立ちこめ、雨具をあまり準備していなかったため、ずいぶん前に買ったポンチョを使っていたのですが、通気性が最悪で中は汗でグショグショ。雨具着てなくても、あまり変わらないんじゃないの?などを考えながら、黙々と登りました。

131001_jiigadake-05.jpg

一歩一歩進んでガスの中から、山荘のシルエットが。これが見えた時は、嬉しかった!
3時間ほど登った、かなり久しぶりの登山。山荘の標高は、2,500m ほど。途中空気が薄く感じられる状況でした。
雨にも降られ、きつい状況にはなりましたが、山荘に着いた時は嬉しかった!テントの宿泊も検討していましたが、今回は山荘に宿泊。天候も優れなかったため、ちょうど良かったかも。

ハワイとゴルフと上級者のご婦人と

2013/03/05

130305_Hawaii_Golf_2013_01.jpg

今回のハワイ旅行でも、ゴルフを堪能。前回とは違うコース、コーラル・クリークにて。

130305_Hawaii_Golf_2013_02.jpg

今回は友人以外に、韓国人のご婦人方の計4名にてプレー。参加者同士で同じ組でプレーさせるのが、ハワイへの観光客でのプレーでは多いとのこと。
ただこのご婦人方、めちゃめちゃ上手かった。バックティー(一般男性でもあまり利用しない、プロが利用するティーグランド)からティーショットを打ち、もちろんぼくらの経験値では、全然太刀打ちできないような…。
半袖・短パンでのハワイならではのプレーはやっぱ気持ちよく、また国際感とゴルフプレーでの刺激をビリビリ受けたラウンドとなりました。

22